超音波がつくるハリ肌!

肌にハリを取り戻すことによって、年を取るにつれて垂れ下がってくる眉毛を引き上げる効果や、なかなか取れなくなってしまった首のしわの改善にも有効となります。そのような肌のハリへの効果へは超音波が効果抜群です。美容外科での施術なら、30~45分で終了します。それにダウンタイムや麻酔がないことも安心できるポイントの一つです。病院では超音波をあてることによって熱エネルギーを皮膚の内部に集中させ、小さな熱損傷をおこすことによってコラーゲンを再生させるのです。

コラーゲンとは弾力性に優れ、若返りやたるみの改善に有効です。これを熱損傷により人工的にダメージを作り、肌がそれを受けて1~3か月ほどかけて治癒しようとする力が働き、コラーゲンが再生されます。コラーゲンは加齢・紫外線・ストレスに弱いのでなかなか作り出すのが難しいものなんです。

美容外科での超音波を利用した手術なら、短時間でコラーゲンを再生させるサポートをすることができるので、肌の表面に赤みが残ることもありませんしもちろん腫れることもありません。その日のうちにメイクまでして帰宅することができます。美容外科での超音波を利用して、あなたもぷるぷるのたるみのない肌を手に入れてみませんか?

超音波のいいところ

たるみなどの解消したい肌の悩みに超音波が効果的ということはよく知られていることです。そこで、超音波による作用と効果について紹介していきましょう。

一つ目にクレンジング作用があります。肌に不要な汚れや角質を取り除くことにより、もっと肌にいい有効成分を取り入れやすい状態を作ってくれます。肌のターンオーバーが正常に行われれば、しだいと肌はつるつるに、そしてハリもうまれてきますよね。肌の状態をきれいに保っていれば、いいことずくめなんです。

二つ目は、マッサージ効果があります。新陳代謝がよくなり、老廃物が出ていく代謝が高まることによってむくみの改善を行うことができます。また、マッサージ効果が生まれることによってリンパの流れがよくなり、脂肪燃焼・痩身効果も期待することができます。

三つめは、温熱効果についてです。血行が促進されることによって、新陳代謝・老廃物の代謝が促進されていきます。それによってフェイスラインやたるみの解消にとても効果があります。また、肌の内部にある分子間を激しく振動させることによって深部の温度が上昇し、血液の流れもよくすることができます。超音波だけでこんなに肌に効果的ならば、利用されたい方も多いのではないでしょうか。

美容と超音波

超音波が気になる肌トラブルに有効とは言ってもどんな効果があるのか分かりにくいといった方も多いでしょう。近頃話題になっている家で使える超音波美顔器にでも同じような効果を求めることができます。超音波は私たちの肌に1秒間に数百回もの細かい微動マッサージを加えることができます。そのマッサージがたるみとりやしわの改善に高い効果が期待できるのです。

同じように美容外科ならもっと大きな効果を望むことができます。超音波での切らない美容外科整形になるので、1日で終わることができます。即日で退院することができるので、会社や学校を休む必要はありません!入院や長期にわたる通院も必要なし。忙しい人でもこれなら行うことができますよね。


効果は1~3か月かけてあらわれてくるので、それまで気長に待ちましょう。その間の通院もいりません。1年ほどは持続してくれるのも嬉しいですよね!また、あくまで美容整形ですから家族や友人、恋人にばれるかもしれないと不安に思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、切らない美容整形ですので腫れやダウンタイムが少ないのもメリットとなります。超音波だけなら家でできるという方もいますが、しっかりとした医師が対応してくれるという部分も安心することできるでしょう。

たるみを美容外科で解決

年齢・ストレス・紫外線など、様々な原因で起こる肌のトラブルにお悩みの方も多いでしょう。その中でも肌のたるみは、女性が一番気になっていることではないでしょうか。肌がたるんでいると法令線も出やすくなってしまいますし、しわだって目立ってきますよね。そんな時に今すぐ必要なのが、肌にハリと弾力を取り戻すことなんです。そこで今話題になっているのが、超音波を使って肌のトラブルを改善させることなんです。

超音波というとどんな想像ができますか?目に見えない音波を使って肌の深部に届かせる。そんなざっくりとしたイメージです。言葉にできないくらい超音波はとても有能です。その前に、なぜたるみが起こってしまうのかという原因について説明しましょう。

人間の肌には、加齢・ストレス・紫外線によるダメージから肌のハリや弾力を保つ真皮層、その下にある脂肪層がある皮下組織、そしてそのさらに下には筋肉があります。これらの真皮層、皮下組織、筋肉が衰えていくことによって肌がたるんでいってしまいます。たるみを改善させるためには、肌の内部にあるコラーゲンを生成させなければなりません。しかしそのコラーゲンは10代~20代前半までは活発に生成され、代謝もよく行われていますが、年を取るにつれて難しくなってしまいます。そこで必要となってくるのが切らない美容外科によるたるみの改善です。超音波をあてることによって肌の内部のコラーゲンに直接アプローチをかけるというものです。